三菱東京ufj銀行カードローンの金利の仕組み

三菱東京ufj銀行カードローンはバンクイックという愛称でも呼ばれていますが、この金利の仕組みはどのようになっているのでしょうか。ufj銀行カードローンのホームページを見ますと、利率は1.8%から14.6%となっています。最低と最高では実に8倍もの開きがあることが分かります。
実はこのような大きな利率の開きはufj銀行のカードローンだけに限った話ではありません。ufj銀行以外のどこのカードローンでも多かれ少なかれ似たような状況があります。よくよくホームページを見てみますと、適用される利率は借入限度額に応じて決められるといった記載があり、その表がのせられています。
それによると、400万円超の場合は1.8%から6.1%となっており、300万円超の場合は6.1%から7.6%、200万円超の場合は7.6%から10.6%、100万円超の場合は10.6%から13.6%、そして最も限度額の低い100万円以下の場合は13.6%から14.6%というように書かれていることが分かります。
つまり。金利に大きな幅があっても、実際のところは自分がいくらお金を借りられるのかによってかなり幅が狭まってしまうということです。普通、初めてufj銀行からお金を借りるような人は、限度額が100万円を超えるようなケースはあまりないことでしょう。すると、金利は13.6%から14.6%の範囲内となり、この範囲内では高かろうと低かろうとさほど変わりはないということになるのです。

カードローン返済のコツ|支払いが遅れて返済不能になる前の救済措置はこちら