モビットと総量規制

モビットは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融なので、総量規制の対象になります。

総量規制とは貸金業法の改正が2010年から完全施行されるようになり、総量規制で消費者金融やクレジットカードでキャッシングをするときの融資限度額に制限がくわえられ、融資限度額は年収の3分の1以内という制限を受けるようになりました。
そのため、借入希望額が50万円をこえる場合や他社借入れが有る場合はその借入残高と借入希望額の合計が100万円をこえる場合は、年収を確認するために収入証明書類を求められます。

モビットもこの総量規制の対象になるので、申込条件の中に年齢制限と「安定した収入が有るかた」となっており、職業形態には制限がありませんので、正規の社員だけでなくパートをしている兼業主婦や、アルバイトで生計を立てている学生、個人で事業をされているかたでも収入があれば申込ができます。
ただ、収入のない専業主婦や、年金だけが収入といった高齢者のかたは申込ができません。

このように条件さえそろっていれば誰でも申込ができますが、モビットの審査が有るので申込をしたからといって誰でも借りられるというわけでもなく、審査結果によっては融資を断られることもあります。
まれに申込をしても審査で落ちるということもありますが、他社に借入はなく、給料をもらって普通の生活をしていればまず問題ないと思われますが、他社で借入れが多いときや、遅延や延滞を起こしていると審査に通るのはむつかしくなります。